2010年12月31日 (金)

ラストメッセージ

今後もJC活動を行う皆さんメッセージを贈りたいと思います

自分が思う自分と人が思っている自分には違いがあります

事業も同じです

自分が思い描くものと人が思い描くものは多少なりとも違いがあります

その違いを整えていくことが事業を洗練することであり

良い事業となりえるのです

思い描くものを増やさなければならない

そのためにも各会議の参加者を増やす

メンバーを増やす必要があるのです

もう一つは

JCは全国組織だ、世界組織だといっても地域にある一団体に過ぎないということです

自分の周りにいる方はJCを知っているでしょうが

エリア人口50,000人の内

数%の方しか理解していない現実は否めません

過信は禁物です

しかし逆を言えばJCに対する先入観がない中で

地域に新しいJC像を創ることが可能なのです

可能性が溢れる今こそ若々しい発想を持って

心をひとつ、打つ手は無限の精神で積極果敢に運動を邁進してください

洗練された英知、行動を起こす勇気、沸きあがる情熱でNEXT相馬を築いていってください

活動を共に行った中で私は確信しております。新しいJCの産声を・・・

同じ時代を歩いた友として、夢を大きく、努力は惜しみなく!

恥ずかしくない背中を私も見せ続けます

本日でJC現役を終えます

12年間のJCライフに感謝します

毎日更新できたことに多少ばかりの自信と

皆さんからの多くのコメントにはげまされ

そして2年間私のブログにお付き合い頂いた皆さんに感謝します

本日をもってこのブログを終えさせていただきます

明るい豊かな社会の実現へ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

残り1日

2009年

時は熟しました

理事長としてLOMを牽引する

特に感じたのは

理事長所信を書いたとき

思いが詰まりすぎる内容で

JCに対する遺言ではないかと感じる

思い出は尽きないが 特に印象的なのが

足の小指を骨折した状態で元旦のメンバー宅訪問

大成功を収めた40周年事業(紋付袴→スーツ→鎧→陣羽織)

式典・記念事業・懇親会 全てにおいて相馬らしさを出しました

スペシャルゲスト栃東親方登場もミラクル

また

公益社団法人移項への総会決議

ブロック大会in浪江(懇親会でステージパフォーマンス)

東北青年フォーラムin南相馬(懇親会で騎馬武者)

相双地区が輝いた1年です

いや私自身も特に輝いた1年でした

思い出は本当に尽きません

LOMスローガンに掲げた

「夢は大きく 努力は惜しみなく!」は

今でも 私にとってのスローガンです

40周年に掲げたスローガンは

「うまずたゆまず豊かなそうま」は

今後も私にとっての行動目的としていきます

携わったみんなに感謝の年でした

※日本JC会頭は沖縄の安里繁信君

Jayceeの前に社会人でなければならないと唱え

10年後を楽しみにしてくれと公言した人物であります

この人と出会えたことに感謝

2010年(本年)

白田理事長のもと

東北地区 東北ゼミナール委員会委員長として出向

JCライフの総仕上げとしての出向に感謝です

松本総括、亀澤運幹、羽柴委員と面白おかしく

東北を満喫してきました

私自身の指導力は如何だったかとは思いますが

東北のメンバーに「ゼミはすごいな」と思わせる

演出をしていただいたことに感謝の限りです

LOMも新しいメンバーが増え

次代の引率者の声にも張りが芽生え始め

安堵感が生まれました

全国大会、相双4JC、福島ブロック、東北地区そしてLOMと

5回の卒業式を行っていただいた事に感謝であります

(嫁は「何回卒業するの(笑)」あきれてました」)

卒業の時に申し上げた

「自分で天井作るな・・・」は自分にも言ったつもりです

ここが終着地とは思っていません

通過点です

次の通過地に向かっていきます

見せる背中を意識した年であります

※出向、新メンバーと新しい出会いが沢山ありました

出会いの数だけ気付きを得、人は成長します

人が成長すると、地域が成長します

交流人口を広めることが、現代社会に必要な事です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

残り2日

2007年

菅野理事長のもと

総務委員会副委員長 6年ぶりに三役より外れる

それば別の任務があったからです

荒井ブロック会長就任に伴い

ブロックの事務局次長として任務遂行

運営専務の亀ちゃんと連携を取りながら

事務処理 設営 段取りをこなしていく

相馬で行った地区役員会に日本JC会頭が

東北地区内ブロック会長と会談したいと

来訪されました

「はやしや」鍵紛失もこの時でした

LOMでは菅野総務委員長をサポート

創立記念例会を「割烹やました」で行い始める

サポーターとして影で動く事が多かった年でした

※ブロック正副会議にて副会長に質問(意見)する

存在感が多すぎる事務局次長でした

2008年

LOM激動?の年

久しぶりに出向休み 副理事長として

眞一青少年育成委員長を担当する

継続事業のガキ大将教室を「寺子屋」と称し

春、夏、秋と3回事業を行う

梨の受粉 座禅 精進料理 梨採取と

回を重ねるごとに 子どもたちの表情も良くなって

今でも町で会うと声をかけてくれます

理事長の交代という前代未聞の出来事もあり

ブロック会員会議所会議に代理出席を行う

壊れかけた絆を結びとめたのが

「NEXTそうま」土屋理事長の誕生です

彼の決断が今でも活動する相馬JCを救ったのです

スクラップ&ビルド 正にこの年です

※大典君の決断に感動し 1年半を志願した

しかし大典君の熱意の方が強く託す立場に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«残り3日